心が震えた瞬間を残したい


by Lappy_man

<   2013年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧


思わぬトラブルがあった1月のライブから
はや7ヶ月

メンバーみんなの笑顔に会いたくて
拒む息子を何とか説得して(苦笑)
参加してきました



d0135242_2043655.jpg













最高の笑顔
d0135242_20451721.jpg
















この至近距離で体感する美声は
毎回至福の時
d0135242_20453977.jpg














d0135242_20455392.jpg















d0135242_2046516.jpg














d0135242_20461525.jpg














さらにこの距離で迫られると
ちょっと・・・ (^^ゞ
d0135242_20462544.jpg















ね、楽しそうでしょう(^.^)
d0135242_20525346.jpg















d0135242_20513555.jpg














久々の
かんぱ~い♪も
d0135242_20535948.jpg














今回も
最高のライブ
ありがとうございます
d0135242_20541233.jpg














もちろん、シェフの美味しい料理も
お腹一杯いただきました


d0135242_20564982.jpgd0135242_20572123.jpg




d0135242_20574014.jpgd0135242_20581166.jpg





d0135242_2058297.jpg







噂のシンガーズの皆さん
シェフ
奥様
そしてご一緒いただけた皆様
d0135242_20592431.jpg



楽しい時間
ありがとうございました






撮影日 8月17日

[PR]
by Lappy_man | 2013-08-25 21:07 | Live

豪雨



d0135242_23585630.jpg


信号待ちのサイドウィンドウに打ちつける雨


すごい雨でしたね~
バケツをひっくり返したという表現がぴったり

一日中、カミナリが鳴り止みませんでした

夜になってようやく警報も徐々に解除になっていますが
それでも夜中はまだ注意が必要だそうで


中能登あたりは被害も出ているようです
これ以上、ひどくにならないことを祈るばかりです




酷暑と豪雨の繰り返しの夏


夏生まれの自分にとって大好きな夏
もう少し穏やかな夏であって欲しい・・・



[PR]
by Lappy_man | 2013-08-24 00:04 | スナップ
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】


ご来光を思う存分堪能した後は
山小屋に戻っての朝食

d0135242_20405688.jpg









今まで何度か登山を行ってきましたが
こうやって山小屋で食事をするのは初めて



ここが特別なのか、私のイメージが悪かったのか
山小屋の食事って凄くおいしいんですね

特に昨晩の夕飯には正直感動
d0135242_20443846.jpg


無事登り切った安堵感もあったかもしれませんが
疲れた身体には最高

温かいご飯と味噌汁
迷わずおかわりしました(^.^)




今回お世話になった
唐松岳頂上山荘
d0135242_20481352.jpg









立て直して3年だそうで
もの凄く綺麗でした
d0135242_20484071.jpg








今回、初のソロ登山ではありましたが
宿が綺麗で食事が美味しいって
もの凄く安心できますね



さらに山の上だと皆さんが優しい

いろいろな方とお話させていただきました

仙台から旅行に来られたご夫婦
地元の方でフルデジイチを2台も持参されてたベテランの方
埼玉から来られてた陽気な3人グループ
寝床が隣で息子と同じ中学生のお子さんと来られてたお父さん
などなど

本当に楽しかったです




そして最高の天気で迎えてくれた北アルプス


下山する際も
朝日を浴びた山々は
あまりに綺麗でした

d0135242_2104441.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













d0135242_2113229.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_2113613.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_21264.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













最高の旅に感謝
d0135242_212488.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM







------------------------------------------------------------------------------------------------

以上で今回の唐松岳登山の報告を終わらせてもらいます

相変わらずの大量の写真
ご覧頂きありがとうございます




偶然にも
最高の天候に恵まれ
無事に帰宅することが出来
ホッとしました


忙しい時期に
単独行動を許してくれた家族にも
本当に感謝







撮影日 8月13日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-18 21:19 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】


東の空が徐々に明るくなり
早朝の身支度で
テントがカラフルな色に輝く頃

冬の夜空の主役
オリオン座が
雄姿を見せてくれた

d0135242_16242132.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM















一晩で夏と冬の大三角を堪能
d0135242_16291064.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM















日の出前の雲海

刻々と表情を変え
見ていて飽きない
d0135242_16294234.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













d0135242_1631755.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_16312854.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













山小屋の裏山にも
多くの人が日の出を待つ
(右下ピーク、見えないかなぁ・・・)
d0135242_16314368.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM











d0135242_16354623.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













いよいよご来光の瞬間
d0135242_16363510.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













何度体験しても
この瞬間は神聖な気持ちになります
d0135242_1637032.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














五竜岳も赤く染まり
d0135242_16382748.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













振り返ると
影唐松岳
d0135242_16394312.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














連日の熱帯夜からは
想像も出来ないくらいの寒さでしたが
d0135242_16465277.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













最高の夜明けに感謝
d0135242_1656995.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM







撮影日 8月13日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-18 17:00 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】



8月12日はペルセウス座流星群の極大ということもあり
空には非常に多くの流れ星をみることが出来ました



しかし


残念ながら
ペルセウス座流星群をきちんと
写真におさめることは
出来ませんでした・・・


ただ、散在流星もしくは他の群流星だと思うのですが
何個か写っていましたので
そちらをUPさせていただきます
(小さいのが多いので、拡大していただけると見えるかと思います)






d0135242_836460.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
カシオペアの左に流れ星が一個
放射点を通ってないので違いますよね












d0135242_8384572.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
こちらも同じくカシオペアの左に2個














この日はペルセウス座のある北側よりも
南側の方がより大きな流星が流れてました

中央上部に1個
d0135242_8474550.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE










左下と中央下の2個
d0135242_849343.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












この日ベストの一枚はこちら
d0135242_8501414.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
唐松岳山頂を横切った流星
天の川と一緒に収めることが出来ました





撮影をしていた時間は
12日21時ごろから13日1時ごろ

唐松岳山頂のあまりの寒さに
山小屋に戻ってしまいましたが
もう1枚フリースを持っていくべきでした・・・


20秒ほどの露出時間内に
カメラを向けた方向に星の流れる確立って
いったいどれくらいなのでしょうか?

この日もカメラを向けた方向から外れたところや
シャッターを切っていない時間に
大きな流れ星が何度も横切っていきました




こればかりは運
撮れただけでもOKとしましょうか


というか
これだけの星の世界を堪能できただけでも
満足しておかないと罰が当たるかな(^^ゞ




撮影日 8月12日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-18 09:11 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】


三日月が早々に西の空に沈むと

d0135242_16444048.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














北アルプスの星空が
本領発揮
d0135242_1646790.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












この星の数には
ただただ唖然とするばかり
d0135242_16512823.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












銀河の中心
ここまではっきりと捕らえれたのは初めて
d0135242_16544093.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_17311082.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM















北東の空にも
天の川がハッキリと
d0135242_16553836.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












もうここまで星が多いと
どれが何の星座かよくわからないほど(^^ゞ
d0135242_16573145.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












折角なので
唐松岳山頂で記念写真

天の川を見上げるオッサン一人(汗)

d0135242_16593957.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE













是非トライしてみたかったのが
北極星を中心とした長時間露光
d0135242_1714648.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM


こうやって見てみると
本当に北極星(こぐま座のポラリス)は動かないですね~

これで露出時間約10分
あまりに星が多いのでこれ以上はえらい事になるので中断
というか、強風の山頂で10分以上何もしないでいるのは辛い(^^ゞ












この日は頻繁に遠くの雲(左下)の中で
稲光が光っていて
いつ何時こちらに迫ってくるかとヒヤヒヤ
(幸い雲がこちらに来ることはありませんでした)
d0135242_1781923.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












でもその雲がうまい具合に
街の明かりを遮ってくれ
d0135242_1711954.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












思う存分アルプスの星空を堪能
d0135242_17121141.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE







そして今夜、いや今回の登山最大の目的が
ペルセウス座流星群の極大

願いは叶うのか


撮影日 8月12日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-17 17:20 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】


仮眠から覚めると
先ほどまであれほど晴れていた景色は一変

辺りは真っ白な雲で覆われてしまっていた

d0135242_2365765.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












美味しい夕食(詳細は後ほど)を終えても
雲は晴れそうになく
d0135242_2391532.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














辛うじて雲の切れ間が見えた
東の空を撮影していると
d0135242_23133610.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












突然
それまで辺りを覆っていた雲が晴れ
三日月が姿を現した
d0135242_23165526.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














気まぐれなアルプスからのプレゼント
皆さん逃すはずはないですよね
d0135242_23215039.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













半ば諦めていた分
この絶景はまさに鳥肌
d0135242_23281546.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_23284761.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














d0135242_23285751.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













剱岳のシルエットもクッキリ
d0135242_23315834.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM














これなら夜も大丈夫かな
d0135242_23331780.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM









撮影日 8月12日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-16 23:36 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】

唐松岳頂上山荘前から見えたその景色に
思わず声が出た

d0135242_824231.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM



右の大きな山が今回のピーク
唐松岳

中央左にはその特徴的な姿を魅せてくれた
剱岳から立山連峰

登ってる途中からかなり雲が迫っていたので
ここまで綺麗に見れるとは






早々に山小屋にチェックインして
身軽になって唐松岳にアタック

途中振り返ってみると
山小屋と五竜岳がクッキリ
d0135242_9275627.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












そして頂上2696.4m到着
d0135242_9313653.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













頂上から北を眺める
谷には未だ残雪多し
d0135242_9344193.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












太陽が近い
d0135242_936114.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
それにしてもシグマの15mmは光芒が派手ですね~














一旦唐松岳を下りて
牛首稜線の登山道から山小屋を望む
d0135242_9483090.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












五竜岳側を望むと
東側からの雲を
峰でせき止めている様子がよくわかりました
d0135242_952585.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












ここから五竜岳に向かって続く岩稜線は
かなりの難易度
d0135242_1022552.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












撮影目的の私はここまででしたが
小学生の低学年(と思われる)お子さん2名を
含むご家族4名が通っていかれました
d0135242_1053251.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM



クサリ場を前に
その時の親子の会話が最高

お父さん 「気をつけていくぞ~」
お子さん 「命がけのジャングルジムだね」


全身で感じる大自然
我が息子にも味わわせてやりたかったと思った瞬間








夜の撮影に備え
山小屋に戻り仮眠をすることに



撮影日 8月12日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-16 10:16 | 登山
【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】

手取川を満喫した翌日AM3時
東に向けて車を走らす

目的地で待っていたのは
晴れ渡った青い空と緑の斜面
そして雄大な北アルプス
d0135242_21462845.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM






今年2月に訪れた八方尾根の素晴らしい風景
6月の写真展で菊池哲男さんの北アルプスの作品を見てからというもの
今年の夏は北アルプスに撮影登山を計画




残念ながら妻は仕事で
息子には断られ
初のソロ登山


色々不安もありつつも
出迎えてくれた白馬三山の絶景が
素晴らしい登山を予感させてくれた
d0135242_2159592.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













ゴンドラと2本のリフトを乗り継ぐと
そこは既に標高1800m
整備された登山道から気持ちのよい登山開始
d0135242_2262039.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM












快晴に恵まれ順調に標高を稼ぐと
第一目的地の八方池に到着
d0135242_2275633.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM











白馬三山の水鏡を期待したものの
杓子岳と白馬岳は雲に隠れ
辛うじて白馬鑓ヶ岳が姿を見せてくれた

それでも
この雄大な風景は一見の価値ありですね
d0135242_22105228.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













八方尾根も白山に負けず劣らず
高山植物が豊富ですね
d0135242_22183334.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM













d0135242_22185038.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE













さらに順調に標高を上げていくと
先ほどいた八方池がもうあんな小さい

と同時に雲の動きが早い
d0135242_22225929.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE












「扇の雪渓」では、火照った身体をクールダウン
d0135242_2227441.jpg

EOS 5D Mark III+15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
もっとちゃんと作ればと反省 (^^ゞ












ゆっくりペースで4時間の登山コース

撮影しながらだったからか単なる体力不足か(滝汗)
きっちり5時間かかって
ようやく本日の宿泊地
唐松岳頂上山荘が見えた
d0135242_2235822.jpg

EOS 5D Mark III+EF17-40mm f/4L USM







撮影日 8月12日


【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】
[PR]
by Lappy_man | 2013-08-15 22:45 | 登山

手取川を満喫



酷暑の報道が連日のように続いていますが
こんな日はやっぱり川遊びでしょう♪

ということで、行ってきました
手取渓谷ウォーターパーク2013

ここ、前から行きたかったんですよね~



集合場所のバードハミング鳥越は気温32度

長袖・長ズボンに慣れないライフジャケットとヘルメット
準備だけでもう全身汗だく

それでもボートを川べりに運びだすと
気分は一気にUP
d0135242_20275141.jpg

FUJI F10











最初はロープをたどって川の反対側へ
d0135242_2030528.jpg

FUJI F10













そこで最終の説明を受けて
いざ川上へ
d0135242_20323774.jpg

FUJI F10











目的の場所に着くと
一旦、ボートをロープに固定して
岩場に上陸
d0135242_20351936.jpg

FUJI F10

この場所
ボートに乗らないとたどり着けない場所だそうで
何度もこの近辺を通ってますが
知らなかったです

すごくいい感じの場所ですね~


そして、水がすごく冷たい
はじめの説明では水温20度とのことだったのですが
入ってみるとびっくりするくらい冷たい
さすが白山の雪解け水


そのせいか、持参したF10の防水ケースの内側が
一気に結露・・・

なので、この後は事務局の方が撮っていただいた写真で。
(参加者は1500円でUSBケースに入った写真買えます)




ここでまずは低い岩場からダイブ
(飛び込んでいるのが息子
その後ろが自分です)
d0135242_20383857.jpg













そして、本番は約4,5mくらいの高さからダイブ
まずは息子
d0135242_20471252.jpg















そして自分
d0135242_20465123.jpg


これ、下から見ると大したことのないように見えるかもしれないですけど
上からだと、結構怖かったです(^^ゞ


ちょっと躊躇いもあったのですが
周りからカウントダウンされ
小さい子も普通に飛んでた手前
さすがに一発で飛び込みましたよ




この後、本格的な川下り
d0135242_20541555.jpg

FUJI F10


こちらもちょっと急流になると
結構スリリングで
転覆しないように必死



途中

「ちゃんと漕げ」
「お父さんが漕いでないんやろ」

なんて言い合いをしながらも
転覆することなく
無事にゴールできました




予約した当初は息子も嫌がってましたが

最後には

「面白かった~」

と言ってもらえたので
つれてきてよかったです


自分も初めての体験ばかりで
いい思い出になりました♪




予約状況をみてみると
まだ空きがあるようです
夏の思い出にいかがですか?



撮影日 8月11日


[PR]
by Lappy_man | 2013-08-11 21:06 | 息子