心が震えた瞬間を残したい


by Lappy_man

黄金色の太公望


d0135242_23161963.jpg



アユ釣り解禁されて一週間。
多くの釣り人たちが、早朝から夕方まで釣り糸をたれています。


釣り好きな人は、「寝てなんていられない」そうな。



それを聞いた妻いわく
「木場潟の朝焼けを撮りたがるカメラマンと同じ気持ちなのかな?」 (^_-)-☆


・・・ハイ、よ~くわかります、その気持ち。 (^^ゞ
[PR]
トラックバックURL : http://lappy.exblog.jp/tb/9894962
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by neobeat at 2009-06-23 23:26
いいですね。美しいです。どこまでも続くひかり輝く川の流れ
奥行き感のある雰囲気がすごくいいですね。
Commented by lappy_man at 2009-06-24 18:25
★neobeatさん、コメントありがとうございます。
お褒め頂ありがとうございます。
もうちょっと、遅い時間だと、もっと赤くなるのですが・・・。
Commented by narugami_626 at 2009-06-25 21:34
鮎つりの方たちは、朝早いですよね~^^
カメラマンと同じ気持ち…納得です♪
Commented by lappy_man at 2009-06-26 00:37
★narugami_626さん、コメントありがとうございます。
直接お話を聞いたことは無いのですが、平日でも出勤前に
鮎つりされるそうです。
最近、撮影を怠けている自分には、ちょっと耳の痛い話です (^^ゞ
by lappy_man | 2009-06-22 23:29 | 朝日・夕日 | Trackback | Comments(4)