心が震えた瞬間を残したい


by Lappy_man

5D MarkⅢ 設定考察 ~露出~


露出に関して
今回は大いに反省


選んだのは
「絞り優先」
(ここが間違いのもと)

その上
「ISOもオート」
にしてしまっていた


結果どうなるか?


「絞り優先」なのでシャッター速度は
カメラが決める
「ISOもオート」なので、ISO感度も
カメラが決める

つまり2つのパラメータが
カメラ任せ

そうなると
連射で出てくる写真が変わる



d0135242_18433750.jpg

EOS 5D Mark III+EF70-200mm f/4L IS USM

Tv(シャッター速度)1/160
Av(絞り数値)4.0
露出補正+1/3
ISO感度1250




d0135242_18431746.jpg

EOS 5D Mark III+EF70-200mm f/4L IS USM

Tv(シャッター速度)1/125
Av(絞り数値)4.0
露出補正+1/3
ISO感度1000




d0135242_18435323.jpg

EOS 5D Mark III+EF70-200mm f/4L IS USM

Tv(シャッター速度)1/160
Av(絞り数値)4.0
露出補正+1/3
ISO感度1000




このときの焦点距離が111mm
カメラとしてはシャッター速度を
1/焦点距離
となるようにした上で
ISO感度を極力低くするように設定している(推測)


焦点距離が111mmと中途半端な値だったためか
この連射では、シャッター速度が
1/125と1/160
と変わることで、写真の明るさが変化



やっぱりこんな時は
「マニュアルモード」で絞りとシャッター速度を固定した上で
ISOをオートにすべき(大反省)


剣道の動きを表現したかったので、
気持ち遅めのシャッター速度でも
いいかと思っていましたが
もっといろんな表現にチャレンジすべきだった


他の写真データを見ても
SS1/400
で、動きを止めれそう


ということは

「マニュアルモード」
Tv(シャッター速度)1/400
Av(絞り数値)4.0
ISO感度オート(3600~6400くらい?)

が基準と考えていいかな?



あと、ピクチャースタイルも
「オート」になっていて
これも室内で蛍光灯+一部外光(換気用)が混ざる環境では
ちょっと不安定


2000枚超の撮影では
JPEGの撮って出しになるので
設定はきちんと追い込む必要ありですね



大いに反省・勉強になった
剣道撮影の”新人戦”でした





撮影日 9月30日

[PR]
トラックバックURL : http://lappy.exblog.jp/tb/16950113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Pompoko55 at 2012-10-07 21:25
こんばんは。
ISOオートですが、もうひとつの方法があります。
TVモードで撮影し、カスタム設定でISOオートシフトを使うという方法です。
この場合も、SS1/400をキープしたまま、絞りがF4で足りなくなったらISOが上がって行きます。
ISO100に設定してもいいし、暗いと分かっているならISO3600に設定しておいても自動でISOが動くのはISOAUTOと同じしくみです。
Mモード+ISOAUTOとTVモード+ISOオートシフトの違いは何かというと、後者は露出補正を保ったままISOが動くということです。
Mモードだとカメラが考えた適正露出でISOが動きますが、後者は、たとえば+1/3をセットしたらその補正状態でISOが動くようになります。
小生のスポーツ撮影はこの設定で撮っています。
一度お試しあれ。
Commented by Lappy_man at 2012-10-07 22:14
★Pompoko55さん、コメントありがとうございます。
なるほど~、その手がありましたか。
露出補正が使えるんですね。
すごく勉強になります。 ( ..)φメモメモ

是非、次回の試合でトライさせていただきます。
ありがとうございます。<(_ _)>
by Lappy_man | 2012-10-07 20:38 | 剣道 | Trackback | Comments(2)